定番ミリタリーのレザージャケットはこれ!

ミリタリーレザージャケットと言ったらこのA-2フライトレザージャケット!A-2フライトジャケットの歴史はなんと1920年代に採用されてきたA-1フライトレザージャケットの後継モデルとして登場したレザージャケット。ボマージャケットとも呼ばれていたのですが、これ実は夏用のパイロットジャケットとしての登場だったのですね!!夏用のレザーフライトジャケットだけあって脇下にアイレット(通気口)を施していたりしている所を垣間見ると今の時代とそう変わらないんですね!!A-2って言ったらやはり、カスタムを施してオリジナル感を追求している、そんな印象を私は感じます。そのカスタムも幅広く、ただワッペンを施すだけでなく、ペイント(敵機を打ち落とした数だけ爆弾のペイントを施したり、かわいい子ちゃんの絵やポパイなど)などを施したり、裏地にブラッドチケット風なかっこいい布を張り合わせたり、、、そんな独特なオリジナリティーが目を引くA-2フライトレザージャケットを私は目にする事が多々あります。こんな軍物だらけの世の中でこれだけアレンジを加えられたレザージャケットはA-2フライトジャケットぐらいですかね!!

コメントは受け付けていません。